雨漏りでも起きる健康被害”シックハウス症候群”

住宅環境の悪化によって生じる健康被害にはいろいろなパターンがあり、症状を改善するには住宅環境を良好に保つしか方法はありません。日常生活の中で体調不良を感じるようになってきた場合は、一度住宅内を調査してみましょう。

シックハウス症候群とは?

女性

シックハウス症候群は劣悪な住宅環境によって体長不良が生じる病の一つであり、そのままの状態で放置しておくとどんどん症状が深刻化していってしまう恐れがあります。原因は住宅に使用されている建材や接着剤に含まれる化学物質、ダニやカビの胞子が原因となっていることが多いです。症状には頭痛やのどの痛み、目の異常や喘息の発症などさまざまなものが存在しています。人によっては吐き気や湿疹、手足の震えといった症状も引き起こします。

カビが及ぼす被害

異常繁殖
カビ菌は人体に影響をもたらすほど強い力は持っていませんが、抗生物質を投与した際などに発生する異常繁殖は人体にとってとても有害です。このカビの異常繁殖が発生すると、カンジダ症のような病気へと発展してしまう可能性があります。
カビ菌が毒を分泌
カビ菌は繁殖によって、人体に悪影響を及ぼす毒を分泌します。食品で発生するカビはマイコトキシンと呼ばれる毒を作る性質があり、体内に入るとさまざまな病気を発症させる可能性が高いです。

このようにカビは人体にとってとても有害な特性を多数持っているため、室内にカビが存在すると複数の病気を併発してしまうことがあります。カビの増殖を防ぐためにも、雨漏り修理は迅速に完了させておくことが常識です。

TOPボタン